Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/zatrend58/zalittletreasure.com/public_html/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 77

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/zatrend58/zalittletreasure.com/public_html/wp-content/plugins/jetpack/_inc/lib/class.media-summary.php on line 87
ブログを一記事書くのにまる1日かかってしまう方へご参考になれば | きっか繚乱

ブログを一記事書くのにまる1日かかってしまう方へご参考になれば

ブログを書き始めたけど、気がついたらブログはまったく書き進んでいないのに、まる1日PCの前に座ってた気がする・・なんてことないですか?

 

 

私はありました。

 

 

というか、今でもたまーにあります・・

 

 

そんなときは、なぜ書けないんだろうと、なんだか情けなくなります。

 

 

ブログが書けない理由

 

 

ブログが書けない理由って何なんでしょうね。

 

 

集中力が続かない

 

 

これが一番の理由です。

 

 

でも、なぜ「集中力が続かない」のでしょうか。

 

 

考えてみると、私の場合は、こんな感じです。

 

 

  1. 子供が今日あった出来事を長々と話してくる
  2. 食器洗いが終わっていないので、洗いに行く
  3. 棚の上にホコリを見つけたので、拭き取里に行く
  4. 風が強くて、植木鉢が落ちそうで心配なので、ベランダに出て鉢を床に下ろす
  5. 誰かがトイレの電気を消していないことに気づいたので消しに行く
  6. 肩が凝ってきたので、肩を回す
  7. 学校に持っていく書類を書いていなかったので、すぐ書く
  8. 子供に定期代を要求され財布から出す
  9. わからない言葉があったので、検索する
  10. ブログに埋め込もうとTwitterを見ていたら、芸能人が離婚していたのが気になるので、ググる
  11. なんだか体調がイマイチで、気持ちがスッキリしない
  12. 急に背中が痒くなったので掻く

 

 

ブログの記事はかけないのに、ブログを書けない言い訳はすらすらと出てくるというこの矛盾・・

 

 

もちろん上に上げた集中力が続かない理由のひとつひとつは、それなりに大事なことです。

 

 

でも、その時しなければいけないのかと言うとそうでもない。

 

 

そのメリハリが、うまくいっていないですよね。

 

 

どうしたら、集中力を切らさずに、ブログを書き続けて終わらせることができるのでしょうか。

 

 

集中力を切らさないアイデア

 

 

いくつか私なりに工夫したアイデアをお伝えします。

 

 

参考になるものがあればよいのですが。

 

 

時間を区切る

 

 

まずブログにかかる時間から見直してみてはいかがでしょうか。

 

 

1. ブログにかかる時間を決める

 

 

まず最初にやってみるといいのは、「1記事を1時間で書き上げる」と決めてしまうことです。

 

 

そんなことは今までもやっていたけど、できないから困っているのだ!という方もいらっしゃるでしょう。

 

 

この場合は、質の高い記事を書くことを、とりあえず諦めましょう。

 

 

とにかく記事を1時間で書き上げることを目標にします。

 

 

もちろん質が高い記事を書くことは、とても大事なことです。

 

 

Google的には、量より質といわれています。

 

 

とはいえ、ブログを書き上げて投稿しないことは、何もやっていないことと同じです。

 

 

ですから、とにかく「1時間で書いて投稿する」癖をつけましょう。

 

 

2. 集中する時間を短くする

 

 

ポモドーロテクニックってご存知ですか?

 

 

ポモドーロテクニックというのは、短めの作業と短い休憩を繰り返していくことです。

 

 

基本形は、「25分間作業して5分間休憩」を繰り返していきます。

 

 

これがなぜ良いのかと言うと、集中力を使い果たす前に、休憩を取ることで、また新しく集中しやすくなるからです。

 

 

「この見出しの話題を書き終わったら休憩する」というように書く量を基準にして、牡蠣すすめる方がいます。

 

 

このポモドーロテクニックの場合は、時間で強制的に、たとえ文章が途中でも、休憩に移る事が大事です。

 

 

ちなみに、お好みで、継続する作業時間を長くしたり短くしたりしてもよいです。

 

 

ただ作業時間は、とにかく作業に集中します。

 

 

子供が話しかけてきても、基本的にはスルーです。

 

 

そして、休憩時間も何をするのか決めておくといいです。

 

 

謎解きの松丸亮吾さんは、ポモドーロテクニックを知っていたのかどうかはわからないですが、受験勉強中に、たしか「1時間勉強したら15分休憩」と決めていたそうです。

 

 

そして、その15分間には好きなアニメを見ると決めていたと、NHKの朝の情報番組「あさイチ」に出演されていたときにおっしゃっていました。

 

 

休憩時間中にすることは何でも良いのですが、休憩時間内にキリがよく終わることがいいですね。

 

 

 

2. ブログを細切れにする

 

 

これは記事をいくつかのセクションに分けて書くということです。

 

 

簡単に言うと「起承転結」を一気に書くのではなく、「起」「承」「転」「結」それぞれを独立して書き上げる感じです。

 

 

まず見出しを考えて書く。

 

 

導入部だけ書いて終わり。

 

 

1つ目の見出しを書いて終わり。

 

 

次に2つ目の見出し。

 

 

最後に結論。

 

 

これは、順番がバラバラでも構いません。

 

 

かけるところから書いて、最後につなぎ合わせます。

 

 

とにかく部分的でも終わらせることが大事です。

 

 

終わらせることで、胸につかえたものがなくなるというか達成感がありますよ。

 

 

文章をすべて最初から書く必要はありません。

 

 

「源氏物語」だって、すべて順番に書かれたものではないという説もあります。

 

 

4つの小説を、のちのち順番を組み替えて1つにしたのではないかという説です。

 

 

最後に、ブログは投稿しなくては、書いていないのと同じです。

 

 

ブログは後で見直して書き直すことも、書き足すこともできますから、とにかく書いて投稿ボタンを押しましょう!

 

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

トラックバックURL: