ご挨拶:きっかとは

こんにちは。きっかです。

 

専業主婦歴20年余りになりました。

 

子供が4人いて、大学生(休学中)、専門学校生、高校生、中学生です。

 

「4人も子供がいて大変だね」とよく言われますが、みんなインドア派なので、育児時代はそんなに大変ではありませんでした。

 

取っ組み合いの兄弟喧嘩もほとんどありませんでした。

 

食事も、体育会系の子供がいる知人宅では「1日に米一升炊く」と言っていましたが、うちでそんなに炊いたことは一度もありません。

 

「白米大好き」という家庭ではないこともありますが、「1日3合」が基本です。

 

そんな感じで、あんまり子育ての大変さを感じずに過ごしてきた私ですが、第一子が高校に入ってからは、ちょっと気持ちに変化が訪れました。

 

子供は、小学校までは公立校であれば、そこまでお金はかかりませんよね。

 

中学に行くと、公立校でも制服や体操着を用意したり、教材費や修学旅行代金などいっきにかかるお金が増えます。

 

中学生は、交通費も大人料金になります。

 

さらに、高校に行くと、さらに授業料もかかり、加速度的にお金が出ていきます。

 

豊かな家計でもないのに、のほほんと暮らしてきてしまったので、大学受験ためにかかる費用には驚きました。

 

塾代、模試代、大学受験料、第2希望の大学の入学金の支払いなど、なんで?!というくらいお金が飛ぶように出ていきます。

 

知り合いの娘さんの高校では、入学したときに「3年生になるまでに受験料や入学金のために100万円を用意しておいてください」と言われたそうです。

 

お金〜〜〜

 

独身時代は、子育てにこんなにお金が飛ぶように無くなってしまうなんて思いもよりませんでした。

 

現実は厳しいです。

 

[blogcard url=https://news.yahoo.co.jp/articles/cdaa8772ad021679c1e50a87a79e283cd1aaf7e3?page=2]

 

そこで、強く言いたいのは、専業主婦も稼ごう!ということです。

 

さらに、単に稼ぐだけでなく、経済的に自立までしてしまおうというお誘いです。

 

夫と自分とで2箇所から収入があれば、どちらかの収入が絶たれた場合にも、それほど慌てることはありません。

 

ダブルで収入があるのって、理想的です。

 

ただ、資格や突出した能力がないフツーの専業主婦の場合、そんなかんたんに経済的自立などできませんよね。

 

そもそも自分ができそうな仕事と、求人が一致しないことが多いです。

 

独身時代にしていた事務職は、長年仕事から遠ざかってきた主婦には空きがありません。

 

スーパーマーケットやコンビニ店員の仕事をしている主婦の人も大勢いますが、すばやくお客さんをさばいたり、ずーっと立ち仕事する自信がもてないです。

 

自分の仕事の能力だけでなく、変なお客さんにあってしまったらどうしようとか、いらぬ心配までしてしまいます。

 

甘ったれるな!と言われるかもしれませんが、正直外で働くのは怖いです。

 

でも、子供のことも、家事もしながら、お金を稼ぎたい・・

 

少しでも経済的な自立に近づいていきたい・・

 

その気持ちは、ごく自然なことで、当然なことだと思うのです。

 

専業主婦は家族の世話をマルチで担ってきました。

 

ですから、お金を稼ぐことだって、できるはずです。

 

ではどうしたら、稼ぐことができるのでしょうか。

 

それは、お金を稼ぐ方法を知ることです。

 

今稼げないのは、その方法を知らないだけなのです。

 

考えてみれば、お金を節約する方法の情報を、専業主婦はたくさん持っていますよね。

 

スーパーや買い物サイトで効率よくポイントを貯めたり、クレジットカード払いや現金払いなどどの支払い方法が一番お得に買物ができるかなど、よく研究しています。

 

友達や知人からも、そういう情報はたくさん流れてきますよね。

 

稼ぐことも、節約することと同じと考えたらどうでしょう。

 

ポイントを貯めたり、支払いの研究をするように、稼ぐためにどうしたら良いのかを考えてみませんか。

 

そんな情報を共有したいと思い、このサイトを作りました。

 

稼ぐ方法を知っていれば、主婦は必ず結果を出せます!

 

まずはポイントを貯めるように、稼ぐことを日常生活の一部にしていきましょう!

 

情報を共有して、みんなで稼ぎましょう^^

 

イメージ画像:My pictures are CC0. When doing composings:によるPixabayからの画像

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

トラックバックURL: