トレンドブログのネタ選定にもう悩まない!探し方と場所はここ!

トレンドブログを運用し始めると、誰もが直面するのが、ネタ選定の壁です。

 

私も例にもれず、ネタを探すことばかりに時間を取られてしまい、結局1記事も書けなかった日があったりしたこともありました。

 

ネタ選定の壁にぶつかってしまった人に、ぜひこの情報を読んでいただきたいです。

 

壁を乗り越える助けになるとうれしいです。

 

 

 

ネタを探す場所

 

もうずばり「Yahoo!」のホームページです!

 

 

もちろんネタはどこにでもあるので、探す場所は無限です!

 

 

ですが、無限の場所から、1つのネタを探しだすことは、実は難しいです。

 

 

どうしても、目移りしてしまうんですよね。

 

 

なので、まずは、Yahoo!のホームページからネタを探しましょう。

 

 

ネタの探し方

 

 

では、Yahoo!ホームページから、どんなネタを探せばよいのでしょうか。

 

 

まず、Yahoo!のホームページを見てみましょう。

 

 

ざっと記事の項目を見てみますと、この日のネタは、ちょっとイマイチですね。

 

ヤフーホームページイメージ画像

 

 

そこで、スクロールして、下の方の見ていきます。

 

 

すると、高級チョコレートブランド「ピエール・マルコリーニ」のチョコレートが、バレンタインデーに間に合うように納品されなかったことが話題にありました。

 

 

 

ヤフーホームページ画像

 

 

バレンタインデーに、チョコレートが届かないなんて、悲しい出来事です。

 

 

しかも、ものすごい楽しみにして待っていたチョコレートだと思います。

 

 

由々しき出来事ですよね。

 

 

こういうイレギュラーなことが起こると、「なぜ」遅れたのかとか、「返金」の方法とかが検索されます。

 

 

 

検索エンジンを見てみますと、早速記事を書いている人がいました。

 

 

 

ヤフー検索結果ーチョコレート遅延画像

 

 

なぜ検索されるのか

 

では、なぜ「チョコレートの配送が遅れた」というネタが、記事になるのか解説します。

 

 

1. タイムリーである

 

2月はバレンタインデーに注目が集まっている時期ですよね。

 

この時期には、自分以外の人が、「チョコレートを誰に贈っているのか」とか、「いくらぐらいのものを贈っているのか」、「何人に渡しているのか」とか、なんとなく気になってしまうものです。

 

ですから、バレンタイン関係のニュースは、それだけで話題になります。

 

 

 

2. 期待度が大きかった有名ブランドである

 

バレンタインの時期は、世界中のチョコレートブランドが、気合を入れて日本の市場にチョコレートを投入してきます。

 

"1粒500円"なんてチョコレートがざらに売られます。

 

今年は、このブランドのチョコレートを絶対食べたいと1年越しで期待している人もいるのではないかと思います。

 

ですから、チョコレートの納品が遅れること自体が大問題!

 

さらに、チョコレートの納品が遅れたのが、無名のメーカーではなく、チョコレート好きな人が憧れる有名ブランドだったことが、衝撃でした。

 

期待度マックスが、奈落の底に突き落とされた気分になるのは、誰もが想像できます。

 

ですから、何が起こったのだろうと知りたいと考えます。

 

 

3. 困っている人がいる

 

それに、実際にチョコレートの到着を楽しみにしていた人は、がっかりです。

 

ただ食べられればいいと単純に思えないですよね。

 

バレンタインデーに食べるのが、大切なんです。

 

期待を裏切られた人たちは、到着日に届かないのであれば、お金を返してほしいと思うはずです。

 

ですから、その方法が知りたいと考える人も多いです。

 

 

 

キーワードは何を選ぶ?

 

なぜ検索されるのかを考えると、キーワードが自動的に浮かんできます。

 

 

ここでは、まずチョコレートのブランド名が第1キーワードになりますね。

 

 

ですから、「ピエール・マルコリーニ」が、第1キーワードです。

 

 

また「チョコレート」というワードも出てきますね。

 

 

そして、到着日に遅れたということから、「遅延」と言うキーワードも浮かんできます。

 

 

その理由を知りたい人は、「理由」「なぜ」というワードを検索に入れるでしょう。

 

 

また、返金の仕方を知りたい人も多そうですから、「返金」「方法」というキーワードもありそうです。

 

 

ここで出てきたキーワードを使ってタイトルを付けてみましょう。

 

 

 

タイトルを作る

 

キーワードが出てきたところで、このキーワードを使って、タイトルを作りましょう。

 

 

キーワード:ピエール・マルコリーニ 遅延 なぜ 理由 返金 方法

 

 

第一キーワードが「ピエール・マルコリーニ」ですから、このワードがタイトルの一番左側に置くことになります。

 

 

タイトルは、左の方に、重要度が高いキーワードを置きます。

 

 

今回は「遅延」というキーワードで上位を狙えそうだったので、第2キーワードは「遅延」にしました。

 

 

第2キーワード以降も、自分が何を狙いたいのか、ライバルとの兼ね合いも見て、選びます。

 

 

ピエール・マルコリーニ 遅延 返金 理由 方法
↑第1

キーワード

↑第2

キーワード

↑第3

キーワード

 

 

キーワードの順位が決まったら、次はタイトルを作っていきます。

 

今回は、特にひねらずに、タイトルを付けてみました。

 

ピエール・マルコリーニの遅延は理由は?返金の方法は?

 

今回の記事は、短期的な記事で、スピード重視の記事だったので、素直なタイトルにしました。

 

 

 

記事の書き方

 

タイトルが決まったので、早速記事を書いていきましょう。

 

 

見出しを作る

 

記事は、タイトルに書かれた情報が全て網羅されていないといけません。

 

 

なので、記事の文中の見出しを、タイトルから作ってしまうと簡単です。

 

 

ピエール・マルコリーニの遅延は理由は?返金の方法は?

 

 

このタイトルから、見出しを作ります。

 

 

見出し1:ピエール・マルコリーニの遅延は理由

 

見出し2:遅延の返金の方法

 

 

 

記事を書く

 

 

そして記事を書いていきます。

 

このとき、「記事の最初から最後まで書かないといけない!」と思うと、手が止まってしまう人がいます。

 

そうならないために、記事をセクションごとに分けて書いていくといいと思います。

 

セクションごとというのは、「冒頭(イントロダクション」「見出し1」「見出し2」「結び」それぞれのことです。

 

どこから書き出してもいいですし、セクションごとなら、10分くらいで書けますよね。

 

 

冒頭部分(イントロダクション)

 

冒頭部分に書くことは、これから書くことの説明です。

 

このとき、タイトルに入れたキーワードを文章の中に入れることが大切です。

 

読者とグーグルに、この記事がなんの記事なのかを伝えることができます。

 

 

本文

 

見出しごとに、書いていきます。

 

内容は、タイトルに則して書きます。

 

このとき、キーワードと似たようなワードを使うといいと思います。

 

キーワードの関連ワードは、グーグルに好まれるようです。

 

 

結論

 

結論の部分は、記事のまとめを書きます。

 

 

まず、記事タイトルの答えを書きましょう。

 

 

そして、記事の情報についての自分の感想なども、つけておくと良いと思います。

 

 

記事の情報は、公式サイトなどからの情報ですが、感想は自分の言葉なので、他の記事と差別化できると思います。

 

 

トレンドブログのネタ選定の探し方と場所

 

 

トレンドブログのネタ選定の探し方と場所について、ヒントになりましたでしょうか。

 

 

もちろんトレンドブログのネタはそこら中にころがっています。

 

 

また別の「ネタ」についても、お知らせします!

 

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

トラックバックURL: