Googleアドセンスの審査には何記事必要?何文字書けばいいの?

ブログイメージ画像

Google AdSenseを始めるには、審査を通る必要があります。

 

そのために、何記事くらい書いたら良いのでしょうか?

 

また一つの記事は、何文字くらい書いたら良いのでしょうか?

 

 

 

Google AdSenseの審査通過に必要な記事数は?

 

 

Google AdSenseを始めるには、Googleの審査に合格しなければいけません。

 

 

グーグルアドセンスの審査の申請をするには、まず自分のブログを用意しなければいけません。

 

 

ブログイメージ画像

 

 

そして、そのブログには、記事をいれる必要があります。

 

 

審査前に入れておく記事数は何記事必要なのでしょうか?

 

 

3記事でも審査通過

 

 

Google AdSenseの審査基準に、「何記事必要」と明確には書かれてはいません。

 

 

審査を通過した人の記事数を少し検索してみましたら、3記事でアドセンスの審査に通った人もいました。

 

 

3記事で、審査に通ったら随分楽ですよね。

 

 

Googleイメージ画像

 

 

一般的には、アドセンスを申請するには、10記事程度記事を入れておいたほうが良いと言われています。

 

 

3記事で審査に通った人もいるので、「10記事」に根拠はないのですが、グーグルが審査するときに、ある程度整ったブログだと見せる必要があるからなのではないかと思います。

 

 

Googleの方から見てみると、申請されたブログがGoogleが提供する広告を載せる媒体としてふさわしいかどうかが審査を通す基準でしょう。

 

 

なので、3記事でもGoogleが好ましいブログだと思えば、審査に通るということですね。

 

 

グーグルアドセンスの審査通過には、記事数は問題ないということです!

 

 

ただ、1記事だけ書いたブログは、通った例はないようです。

 

 

ですから、3記事が最低記事数ラインなのかもしれません。

 

 

きっかの場合

 

 

ちなみに、私が、ブログを始めた頃には、10記事くらい投稿したら、「アドセンスに申請してみると良い」と言われていました。

 

 

Google AdSenseは、広告自体もですが、ルールも変わっていくので、今と比較はできないところもあるのですが、一発合格しました。

 

 

その時には、トレンドブログのサイトを作ったので、いわゆるトレンド記事を10記事書いて審査に出しました。

 

 

一発合格イメージ画像

 

 

 

駅伝で活躍した外国選手の話題や、海外の話題をネタに記事を書きました。

 

 

その当時は、Google AdSenseの審査が厳しいことも知らず、とにかく記事を10記事書いて審査に申し込めばいいんだと思っていました。

 

 

そんな何も知らない状況でアドセンスの審査に一発合格したのですから、いい時代だったのでしょう。

 

 

 

Google AdSenseの審査合格には何文字必要?

 

 

グーグルアドセンスの審査通過に、記事数の基準はないことがわかりました。

 

 

では、文字数はどうでしょうか。

 

 

「1000文字は最低限必要だ」とか、「2000文字以上は入れたほうがいい」とか、いろいろ言われますが、調べてみると、何文字という基準はないことがわかりました。

 

 

ブログ文字数イメージ画像

 

 

 

調べてみてわかったことは、記事で大事なのは「読者が求めている情報がある」ことです。

 

 

ですから、少ない文字数でも、タイトルに即した内容がきちんと書かれているなら、審査は通過します。

 

 

「タイトルに即している」というのは、読者は基本的にタイトルに含まれているキーワードを検索してくるので、読者の知りたいことに応えているということになりますね。

 

 

もちろんタイトルが、グーグルアドセンスのプライベートポリシー違反のものは論外ですけどね。

 

 

Google AdSenseの記事数と文字数まとめ

 

Google AdSenseの審査申請をするときの記事数や記事の文字数には、決まりがないことがわかりました。

 

 

Google AdSenseの審査に合格するには、記事の質がいちばん大切です。

 

 

最後に、もし仮に審査に落ちてしまっても、何度もトライできます。

 

 

ですから、まずは記事を書いて、Google AdSenseの審査に申し込んでみましょう!

 

 

 

 

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

トラックバックURL: