Googleアドセンスを副業にするには?収益の仕組みは?

Google AdSense(グーグルアドセンス)は、「副業」としてかなり浸透してきています。

 

インターネットで収益を得る方法の代名詞ともいえますよね。

 

とはいえ、中にはまだGoogle Adsenseのことをよくわからない方もいると思います。

 

そこで、Googleアドセンスについて、ご説明いたします。

 

Google AdSense(グーグルアドセンス)とは

 

Google AdSenseを副業にする方法をお話する前に、Google AdSenseがどういったものなのかを説明します。

 

Google AdSenseは、Googleが作った収益の仕組みです。

 

Googleイメージ画像

 

自分が作ったウェブサイトに、Google AdSenseのタグを貼り付けると、自動的にGoogleが広告を貼ってくれます。

 

 

読者の好みとか、何が売れそうかとかを、サイトの運営者自身が考える必要がないのが、Google AdSenseのいいところです。

 

 

 

グーグルアドセンスで収益を得る仕組み

 

 

Google AdSenseのコードを、自分のサイトに貼ると、Google AdSenseが提供する広告が表示されます。

 

 

Google AdSenseコードイメージ画像

 

この広告を読者がクリックしてくれると、自分のサイトに収益が発生します。

 

 

また大勢の読者が広告を見てくれても、収益が発生します。

 

 

ですから、人気サイトを作れば、自ずと高収入になります。

 

 

 

 

グーグルアドセンスを始めてみよう

 

 

まず最初にGoogle AdSenseを始まるまでの流れをお話します。

 

 

Google AdSenseを始めるには、まず自分のサイトが必要です。

 

 

サイトの内容は、アダルトなものや、暴力的なものなど、いわゆる「公序良俗」にそぐわないものは、NGです。

 

 

Googleという会社にとって、マイナスイメージになるものはだめだと考えてください。

 

それ以外なら、どんな内容でもOKです。

 

 

ブログイメージ画像

 

 

 

そのサイトに10記事程度記事を入れたら、Google AdSenseに登録申請します。

 

 

1週間程度待って、登録審査に合格すれば、Google AdSenseを利用することができます。

 

 

最近はなかなか審査が通らないことがあるので、その場合には、記事を書き足したり、記事を修正したりして、再度登録申請にチャレンジします。

 

 

多い人では、5回以上申請を出している人もいるようです。

 

 

ちなみに、私が申請した時には、一発合格でした。

 

 

もう4年くらい前なので、その頃は厳しくなかったのでしょう。

 

その後は、サイトを増やすたびに申請を出すのですが、そこでもはねられたことは一度もありません。

 

Google AdSense申し込みフォームイメージ画像

 

 

Google AdSenseの申請通過の基準はよくわからないのですが、ちゃんとした記事を入れれば、合格できないことはないのかなと思います。

 

 

ただこの「ちゃんとした記事」というのが、人によってあいまいなので、この辺が難しいところなのかもしれません。

 

 

Googleがいうところの、「ちゃんとした記事」は、読者が欲しい情報がきちんとある記事であることが大前提です。

 

 

例えば、タイトルに「いつ」という言葉が入っているのに、「日にち」が入っていなければ、読者は「は?」って感じになってしまいますよね。

 

 

なので、タイトルと記事の内容が一致していることは、とても大事です。

 

 

当たり前のことなんですけど、記事を読み返したりすると、意外と抜けてて、慌てたりするんですよね。

 

 

読み返し大事です!

 

 

Google AdSenseを副業にするには

 

 

ここまで、Google AdSenseがどんなものなのか、収益はどのように生まれるのか、Google AdSenseの始め方をお話してきました。

 

 

ここでGoogle AdSenseを副業にするにはどうしたら良いのかを説明します。

 

 

いままで説明してきた中に「Google AdSenseを副業にする方法」の答えが、出ていたと思います。

 

 

まず、Google AdSenseを副業にするには、サイトを運営する必要があります。

 

 

そして、その運営しているサイトに読者を集めます。

 

 

大勢の読者が集まれば、Google AdSenseの報酬が上がり、副業として成り立ちます。

 

Google AdSense導入の流れ
  1. サイトを作る
  2. Google AdSenseに登録申請する
  3. サイトの記事に読者を集める
  4. 収益が発生する!

 

Google AdSenseは、PCとインターネットの接続環境があれば始められるので、本業が終わったあとに部屋着でも取り組むことができます。

 

 

偶然会社の人にあってしまって副業がバレてしまうなんてこともありません。

 

 

ですが、副業として成り立たせるためには、読者が集まる記事を書かないといけません。

 

 

そこで必要なのが「SEO」です。

 

 

SEO

 

 

SEOは、Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)の頭文字をとった言葉です。

 

「検索結果で自分の運営しているサイトに読者を多く集めるために行う対策」のことです。

 

seoイメージ画像

 

SEOには、いろいろな方法があり、数多くの専門家がいるくらいですから、奥が深いことなんですよね。

 

 

ですが、個人でできることもあります。

 

 

記事のタイトル付け

 

 

その一つは、「タイトル付け」の工夫です。

 

 

その工夫とは、読者が検索する単語を使って、記事にタイトルを付けることです。

 

タイトル付けイメージ画像

 

 

読者が知りたい情報を素早く検索するために、大事です。

 

 

それによって、多くの読者も訪れてくれます。

 

 

充実した記事の内容

 

 

そして、もう一つ大切なのは、充実した記事です。

 

 

「充実した」という意味は、前述しています通り、読者が欲しい情報があるということです。

 

 

さらに、他にはない情報があることも大きなアドバンテージになります。

 

 

情報イメージ画像

 

 

 

ただトレンド記事で、他にはない情報があるというのは、難しいことです。

 

 

一つのやり方として、自分の感想を書くこともできます。

 

 

自分の感想は、他にはない情報なので、書き添えておくのも一つの手法になりますね。

 

 

 

記事の構成

 

 

さらに、記事の読みやすさも大切です。

 

 

タイトルに即した内容が、わかりやすく構成されているといいですね。

 

 

例えば、見出しを入れたり、表を使ったりすると、とてもわかりやすくなりますよね。

 

 

グラフイメージ画像

 

以上のようなことを、記事を書くときに意識すると「ちゃんとした記事」を書けます。

 

 

 

記事を書き続ける

 

 

副業にするべくGoogle AdSenseを運用していくには、SEOと同じくらい大事なことがあります。

 

 

それは記事を書くことです。

 

 

もちろん記事のジャンルや内容によっては、少ない記事で十分な報酬を得られることもあると思います。

 

 

それでも、継続的に「副業」としていくには、記事を書き続けることが大切です。

 

 

中には天才的な人がいて、そういう人はすぐに成果を出せます。

 

 

ですが、多くの人は、記事を書いていくうちに、どんな記事に読者が反応するのかをわかってくると思います。

 

 

なので、記事を書き続けましょう。

 

 

そのためには、自分にとって難しいジャンルではなく、もともと知識があることや好きなこと、興味があることを記事にできるようなサイトを運用するといいと思います。

 

 

そういうことなら、自分ならではの視点もあり、他のサイトとは違う独自の情報を提供できるかもしれません。

 

 

それが、読者が価値と感じるものになるかもしれないです。

 

 

これまでで、Google AdSenseを副業とするための超基礎知識をお伝えしてきました。

 

Google AdSenseは、PCとインターネットが繋がる環境があれば、始めることができます。

 

ぜひチャレンジしてくださいね。

 

 

なにか質問などあれば、ご連絡いただければお答えいたします。

 

 

 

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

トラックバックURL: